大きなやりがいを感じられる

自然災害やテロ、そして生物や化学物質による特殊災害など、あらゆる災害で活躍するのが災害支援ナースです。災害発生直後は、被災者の救助や手当てがメインとなりますが、その中でも緊急性や重症か否かなどさまざまな要因を考慮して、治療の優先順位を的確かつ迅速に判断する必要があります。特に災害発生時はほとんどの場合に現場が混乱しているものの、災害支援ナースは冷静な判断が求められるでしょう。

また、災害が落ち着いてくると、避難所において被災者の健康悪化や感染症を防止するケアなどに勤めることはもちろん、健康維持や精神的なケアなどに看護がシフトしていくことになります。このように刻々と看護の重点がシフトしていく中で、短期的か長期的かといった看護の見通しも災害看護を行ううえで必要なスキルとなってくるでしょう。そして、長期間に渡ることも少なくないので体力や精神的なタフさが求められ、それに伴う自己管理能力の高さも必要です。的確な判断を行うためには、他のスタッフとの連携や被災者の状況をきちんと把握ければなりません。そのため、コミュニケーション力も災害看護には必要なスキルといえるでしょう。

このように、災害看護はたくさんのスキルが必要で、人の生死に関わる場面に遭遇する可能性が高い看護といえます。しかし、その分人命を救えた場合に、大きなやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。看護師ならば、誰でも災害看護に携われるわけではありません。登録要件を満たしたナースだけが災害支援ナースになることができるのです。
参考サイト:[ ナースにできる、災害支援 ]